3. 使っていないマテリアルとコンポーネントを削除

レンダリング時間節約の為に、登録していて使っていないマテリアルやコンポーネントを取り除きます。

手順
1. メニューのWindowからModel Infoを開きます。
2. 出てきた左メニューから“Statistics”を選択して“Purge Unused”をクリックします。
3. ウィンドウを閉じて完了

 

「GETTING STARTED Kerkythea 2007」 日本語訳

Leave a Reply

Your email address will not be published.