おすすめの英語学習SNSサービス iKnow!

私好みのweb2.0的概念を用いた優れたSNSサイトがある。


iKnow  http://www.iknow.co.jp/

日本ではmixiが圧倒的にSNSを支配している感があるが、こちらは英語を学習したい人に特化したサービスだ。

その英語学習アプリを、運営するセレゴジャパン社から一部抜粋すると、

iKnow!は同社が脳科学/認知心理学の立場から米国ハーバード大学教授をはじめとする多くの研究者をアドバイザーに迎え、「暗記」の効率化を目指して 開発した学習エンジンを用いた一般向けサービス。日々の学習状況を全てモニターしてデータを保存し、個人の得意/不得意を把握した上で最適な学習プランを 自動生成し提供するラーニングシステムと、「iKnow!学習アプリ」「ディクテーション・アプリ」の2つの英語学習アプリケーションを備える。

と、難しい事が書かれているが、利用者の立場からなぜ知人に勧めたくなるのかをまとめてみる。

・優れた学習手順
このサイトに入ると、チャンネルという項目がある。その中にはlikeやwalk等の基本単語を0から学習するものから、ビジネス会話に特化したもの、TOIEC、TOEFL、GMATに絞ったものまでたくさんのチャンネルから好きなものを登録していく。
私の場合、ビジネス英語とTOEICとTOEFLを選択して、苦手なディクティーション用に初級レベルのチャンネルを登録してある。
学習記録は常に保存され、フレンド登録した人達のレベルも見る事ができる。
実はこれが結構重要で、スコアは常に変化するので500単語くらい学習すればある一定のスコアに落ち着くので、上級コースにいるからといって自分のレベルがバレてしまう、そんな良い意味での「プレッシャー」を与えてくれるのである。

・質の良いアプリケーション
ではどのように学習するのだろうか。
学習方法は3つあり、iKnow!とディクティーション、あとモバイル用がある。
iKnow!ではレッスンを始めると覚えるべき単語が10個?表示されスタートボタンをおすと学習時間のカウントがはじまる。
順々に覚えていくのではなく、次どの単語のどんな問題が出るのかランダムなので1,2つ目の単語が最後の方に出てきたりして、効率よくレッスン内で記憶させるための工夫がしてある。
続いてディクティーションは、選択したチャンネルごとに用意され、そこで覚えた単語にくっついている例文の音声からタイピングしていく。
私がこれを始めた頃は最初でてくる単語が簡単すぎたので常に上級者レベルにいたが、進めていくと分からない単語も出てきて一気に初級者レベルまで堕ちてしまった。
iKnow!を30%くらいまで終わってから始めたほうが合理的だろう。

・運営側のビジネスモデルがよく分からない
iKnow!は、ユーザー登録なしでも全ての機能を使う事ができるが、学習記録を保存してくれない。
10代の頃、散々英会話スクールにお金をつぎ込んでいた私は、ユーザー登録をすれば何かしら勧誘があったり、mixiの様に広告リンクだらけかと思っていた。
だが広告は一切ないし、何で収益を上げているのか分からない。
現在はβ版なので、いつかは正式リリースをして明らかになるだろうが、ここまで儲けの仕組みが使ってる側にわからないのは珍しい。

・堂々と英語ダイアリーが書ける
ここに集まる利用者は皆英語を学習したい人なので、中には英語で日記を書かれている方もいる。
普通のSNS(例えばmixi)で英語でいきなり日記を書いても、私から見るとマイミクシィが日本人なのに英語で書く意味解らず、西洋コンプレックスにしか見えないがiKnow!ならそれが文法的におかしくても書いたほうが良い。
なぜかというと、チャンネルの各担当者とフレンド登録しておけば、間違っている部分やこう表現したほうが良いなど、ネイティブから英語エキスパートの日本人まで細かく添削してくれるからだ。
それに特化したサービスで、友人のKensaku氏に教えてもらったランゲートという交換日記形式もあるので、ギブアンドテイク的な目線で見ればこちらのほうがお互いモチベーションを維持したまま続けられるので期待する結果が得られるかもしれない。

・簡単ポッドキャスティング
iPodを持っている方であれば、ユーザー登録をすれば自分用のポッドキャスティングのフィードを教えてくれるのでiTunesで登録すれば勉強した例文の音声をiPodに転送していつでも復習することができる。

こんなに私が薦めるのは、先ほど述べた様に英会話スクールの苦い経験があっての事だ。
今思い返してもやはりレッスン料が高すぎる。平均相場は1レッスン3000円辺りだろうが、今はウェブ上で英語圏の学習パートナーを探せばSkypeでいつでもネイティブと会話ができる。
当然相手は日本人の事情はわからないし、私も英語圏の人の日本語観がわからないので正しくは教えれないかもしれないが、昔ピカピカしていたNOVAのサービスのVOICEルームの様なものはスカイプを使えば十分ではないだろうか。
私の独断と偏見であるが日本語の仕組みがわからない講師が日本人に英語を教えるのは中々難しいと思うのだ。

英語を学習したいが、それに関連する本を買い漁って実際あまり集中して勉強できない私の様な方であればiKnow!を是非オススメしたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.