Sketchupで展開図を作成

Sketchupをを建築学科生にオススメする理由として、展開図ツールを使う事で模型制作が捗るという点をあげてみます。

CADを使っている方であれば、平面図の家具を消したり、立面図の不要箇所を消して出力して、スプレーなどでスチレンボードに貼り付ければ
型紙代わりになるのであっというまに模型が作れるわけですが、仮に傾いた壁やスラブが立体上で交差する、いわゆる「3次元」的なものを作る場合どうしているでしょうか。

FormZを利用している方なら、展開図機能というものがあると思います。
これは角度のある面をすべて一つの平面上に並べてくれるので、そのまま出力すればペーパークラフトの様な感覚で模型を作る事ができます。
更には聞いたお話ですが、のりしろまで作ってくれるそうです。
しかしFormZは学生版とはいえ10数万円を超える高額なソフトです。できれば安く抑えたいですよね。

Sketchupのpluginを使う事で、それと同じ事が出来ます。
海外のJim氏のブログでUnfold Toolというものが公開されています。

http://sketchuptips.blogspot.com/2007/08/plugin-unfoldrb.html

本文より翻訳すると、

インストール方法
1jf_unfoldtool.rb. をダウンロードして、SketchupフォルダのPluginの中に入れておきます。
2progressbar.rb を smustardさんからダウンロードし、同じ場所に入れておきます。
3再起動すれば、メニューにPlugin が追加されているのでそちらから使ってください。

使い方は、私の感覚でですが、面を一度クリックした後に、次の面をクリックすれば角度に対応させたまま一つの平面状になります。
Shiftキーで複数の面を選択したあと、次の面をクリックすれば、選択したもの全てをまとめて平面状にしてくれます。


Download tutorial unfold_tut_basic.skp より、アニメーションをスタートすれば動画で分かると思うので、これで立体的なスタディ模型を即効で作る事ができますね。

1 Reply to “Sketchupで展開図を作成”

Leave a Reply

Your email address will not be published.