磯崎新の「都庁」

磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペを読んだ。

私が生まれた翌年1985年に、当時の鈴木都知事の提案から新宿へ都庁が移転された。
その時に行われた、戦後日本最大級の大きなコンペのお話。

この本を読むまで、丹下健三の出来レースという話を前から聞いていたのでさほど都庁のディティールに興味は無かったのだが、著者平松氏が書く冗談めいて解りやすく、そして愛嬌のある文章と、磯崎アトリエの周囲をとりまく複雑な人間関係が各本人の証言とともに詳細の載せられた一流のドキュメンタリとが独特のバランスを保っており、爽やかな読了感の残る良書であった。が、見方を変えれば磯崎新を賛美した丹下健三と東京都の暴露本としても見て取れる部分も多い。

私の学校にも何度か講義にいらしていた建築史家の倉方俊輔さんの同書の書評が解りやすいのでこちらに紹介させて頂く。
http://kntkyk.blog24.fc2.com/blog-entry-129.html

目次は以下の通り

第1章 東京大戦
第2章 ぽんこつエリート
第3章 右往左往漂流記
第4章 帝国の逆襲
第5章 磯崎新の帰還
第6章 錯綜体
第7章 冬の王
第8章 遡行
第9章 反撃
第10章 都会のマジックアワー
エピローグ 建築喜劇

1 Reply to “磯崎新の「都庁」”

  1. はじめまして。
    私もこの本読み終えました。面白いですね。ほんと、克明に建築家たちのことが描かれてますね。あっという間に読んでしまいました。
    。磯崎の人物像も興味がわきます。
    また、お邪魔します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.