Portfolio

今回は私の分身、ポートフォリオについて。
ポートフォリオといっても資産運用に出てくるそれでは無く、作品集の事を指す。
私にとってポートフォリオとは、第三者に見せる口頭以外では説明出来ないものを表現するもう1つの「私」であり、デザイン・アート系に行く者にとって最重要の自己表現資料であると考えている。

採用担当者がポートフォリオのどこをどう見るかは定かでは無いが、ポートフォリオの外観、レイアウト構成、作品などでその人の技術力は勿論、文字の大きさやデザインの傾向などから性格や嗜好などもチェックできるので、入ってからのお互いのリスクを減らすために、応募者にとっては大変有難いツールなのだ。

色んな人のポートフォリオ像があるだろうが、私の場合は上記の通りなので、ただ作品を貼り付けたものにする予定は無い。
ポートフォリオ自体も1つの作品として納得のいくものにするために、今はどんな手段や見せ方の工夫があるか考え中なので、面白そうなものを幾つかピックアップする。
尚、以下のものは全て独断と偏見によるものなので、作っても意味不明な資料になる可能性もある。

・自己分析結果を盛り込む
例えばエニアグラムなどを使用して、自分の人物像をグラフ化させて、直感的に「こんな人だ」とイメージ出来る
・タイムラインを作る
平日・休日の24時間の使い方を一本の積上げ棒グラフの様にすることで、時間の使い方=時間という単位の価値観についてアピールできる
・タイムライン2を作る
その会社を応募するに至るまでの略歴を過去とし、入社後の目標、キャリアプランなどを未来として一本の時系列でまとめて、物事の計画性やどこまで将来について考えているかを表現できる
・タグクラウドを作る
好きなもの/嫌いなもの やりたい事 などをリストにして、特に該当するものの文字サイズをでかくしてタグクラウドのようなものを作り、直感的に自分の趣向が第三者に理解できるようにする

敢えてポートフォリオの目的である作品そのものへの工夫から焦点をずらしてみたが、自分の事を全く知らない人に作品を見せるという就職面接においてこれらの情報はポートフォリオの1つとしてユニークな判断材料になるのではないだろうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.