あと6日

21日で退職の予定が、再度延長し28日までとなった。

今度こそ本当の最後。
延長回数は実に5回。

昨日はある会社の面接に伺った。
そこはあるものを大正時代から作り続けているある店舗を引き継いだ30代前半の社長が経営する小さな会社。
オンラインショッピングの売上げを伸ばす事を目標とし、ウェブ運営管理者の求人募集があったのだ。
私は28日で事実上無職となり、学校の勉強と大学院が迫っているので本当は普通の学生らしく昼間は勉強したいのだが、お金のやりくりをどう考えてもそれは無理だと判断した。
そこは最初から給料が高く、自宅から歩ける距離だったので初めは迷わず応募した。いつものように。

Continue reading “あと6日”

電車混雑状況の可視化

毎日電車に乗っているとふと思う事がある。
各駅の乗車口により電車を待つ人にバラつきが見える。
喫煙所が近いから(先月まで)、改札への階段に近いから、様々な要因があるだろうが、例えばJR総武線秋葉原駅であれば改札へとつながる車両の中間部分に人が集中し、先頭と最後尾は少ない。

Continue reading “電車混雑状況の可視化”

考える力を重要視する企業-面白法人カヤック

現在企業文化のユニークさでとりわけ注目を浴びている会社、株式会社カヤック
気になる点3つ。

1.サイコロ給制度

カヤックと聞くとまっさきに連想するサイコロ給。
カヤックが注目を浴びた背景として、会社独自の給与体系がある。
その名の通り給料の一部がサイコロを振って出た目で支払われるというもの。
一見すると人の頑張りをギャンブル性で判断するなんて不謹慎な会社だと思いがちだが、そのコンセプトが分ると納得。

Continue reading “考える力を重要視する企業-面白法人カヤック”

あと10日

再来週、在学中ずっと続けていた仕事を辞める。
大学へ入学する半年ほど前、当時20歳の私は学校に通いやすくデスクワークだから疲れないという安易な理由で今の会社でアルバイトを始めた。

当時オフィスに興味は全く無く、社員に言われるがままにDTPオペレーションをし、終わったら早歩きで大学へ通う毎日であった。
社風が自由すぎる家族の様な職場環境。
チャチャっとエクセルやパワーポイントをいじるだけで生活に困らない収入が得られ、あくまでお金を稼ぐ場所と位置付けてこれといってオフィスそのものを勉強する事も殆どなかった。だが大学入学直前、突然総務部から通達があり、学籍を置くと社則に反するらしく4月の頭にそのアルバイトを辞めなければならず、入学の前日会社のお花見を最後に送別会を開いてもらい、退職した。

Continue reading “あと10日”

日本科学未来館常設展に学ぶプレゼンテーションテクニック

imag0282

つい先日、日本科学未来館へ行ってきた。
設計は日建・久米設計の共同体で、ランドスケープデザインはハーグレイブスが担当している。

建築を見たり大平氏のプラネタリウムを見たりと色々と目的はあったのだが、その中でも常設展の説明に使われていた模型や、その見せ方のアイデア自体に関心が向いた。飲食喫煙はもちろん禁止であるが、ここは写真撮影OKなので忘れないようにと気になったブースを撮影。

Continue reading “日本科学未来館常設展に学ぶプレゼンテーションテクニック”