MMOはやめたほうがいい

今も昔も人気者のMMORPG。
社会現象といえるほどのブームは去ったとはいえ、ディープな層でなくとも一度は流行に乗じてやってみた事がある人もいるかもしれない。
かくいう私も高校時代、所謂ネットゲーム依存症と呼ばれる状態であった経験がある。
学校から帰ればパソコンに電源を入れ、夕ご飯が出来たらそれを部屋までもって行き、ゲームをしながら食事を取り、後は眠くなるまでひたすらやる。
結局自分自身が「こおもしろくない」と思い始めたので飽きて辞めれたのだが、もしこれが巧妙に飽きないロジックがしっかり出来ていたとすれば、これはとっても恐ろしい事だと言わざるを得ない。

最近になってちょっとした出来心で久しぶりに始めてみた。
すると大事な時期であるにも関わらず、約5日間分の時間をそれに費やしてしまった。
さすがに前の過ちを繰り返すまいと「ハッ」と我にかえるのに時間はあまりかからなくて済んだものの失った時間はもう取り戻せない。

何故のめり込むのかそのポイントは既知の通りである。
総じて言えば、結局はオンラインであることが一番の原因だ。

オフラインのゲームであれば、たとえ仲間内で同時に進めようともゲーム画面上に自分以外のプレーヤーは出てこない。やったらやっただけ進み、やらなければ進まない。
単純な事である。

しかし、オンラインのRPGは画面上に他人がいる。
他人がいて、会話をしたり他人のゲーム上の「レベル」が解る。
MMORPG上の知人が自分よりも強かったりすると、オフラインには無いリアルな悔しさが後押ししてプレイ時間も同時に延びる。

現実社会で置き換えれば、会社の同僚が、学校の友人が、いい仕事をしたりいい点数を取ったりしてそれらを追い負かそうと努力する。
感覚自体は殆ど一緒といってよい。

発端は一緒でも、それにたいするアクションは全く違うのである。
MMORPGの悲しき方程式として、強い=自由時間があるという定理がある。

他のオンラインゲームと比べればわかりやすい。

将棋や囲碁などは実際に強い人がオンライン上でも強い。
“時間”によるゲーム上有利な点は、現実のソレと何ら変わりが無い。

スポーツやカーレースのゲームは、センス良ければ上手くもなるし、時間をかければ当然ゲームの”クセ”が分り、強くなる。動体視力や空間把握能力などのその人の力+ゲーム仕様に使う時間。前者とMMORPGの中間と言える。

しかしながらオンラインRPGに関してはどれだけ練習しようとも、ゲームのセンスが良かろうともそれが他のプレーヤーとの決定的な差になることは無い。
オンラインでもオフラインRPGと同じく「やればやっただけ」強くなる。
頭を特別使うわけでもなく、誰もが驚く技術をもっていなくとも、「時間」があれば最強になれてしまうものなのだ。

ゲームをやる時間があればあるほど強い。
プレーヤーの成長速度はそのやり方で多少は早い遅いはあるものの、上級者の部類まで行けばあまりそこは関係ない。プレイする時間があるかどうかが、MMORPGの世界では優劣を決めてしまうのだ。

ギルドマスターと呼ばれる言わばプレイヤーを束ねるリーダーの様な存在の人は、時には何十何百人を束ねる役割なので早々休むわけにはいかない。普通のプレーヤー以上に個人の私生活への影響は相当なものであろう。

そしてこのギルド(チーム)の形成やSNSでおなじみの”お友達機能”による微妙な「つながり」が搭載されていることにより、今までゲームをやるやらないを自分の都合で決めていた事が「皆の所へ行かなければ」と他者によって自分の予定が決められてしまうのだ。

勿論それも「明日から一週間やりません」と周り宣言すればいいだけのことだし、LANケーブルをハサミで切ってしまえばどうあがいても行けなくなる。
自己管理が出来、そうやって分別できる人であればそもそもMMORPGにどっぷりハマることはないのであろうが、ちょっとした事にハマりやすい人は誰でもが「ネトゲ廃人」なるある種の依存症に陥る可能性は十分にある。
人がもしデータを消されたり、プレイすることが出来なくなったりするとこうなる人もいる。

PCの前に座って人間が操作するリアルなオンラインRPG。
現実社会で知人や友人からのお誘いが断りにくい人は、きっとオンライン上の希薄なつながりでも断れないだろう。

膨大な時間の消費に価値があるか無いか人によって受け取り方は様々であるが、私としては全くその恩恵は期待出来ないと思っている。

http://anond.hatelabo.jp/20090706023222

MMORPGはクリエイティブではない。
ゲーム内に於ける「クリエイティブ」っていうのは物理の保存則の様なもので、開発陣のクリエイティブを求められるMMORPGはユーザーがその享受を受けられず、逆に将棋とか囲碁みたいな現実あるものをそのままもってきたようなものはユーザーの知力を求められるもんなんだ。MMORPGそのものが悪いというよりも、クリエイティブじゃない所のが原因かも。

趣味や遊び程度に何か恩恵を期待する事自体ナンセンスかもわからない。しかしそれを口に出したり何が得られるかを考えなくとも、趣味はやはりプラスになるほうが良い。

関連記事
さようならMMO
http://anond.hatelabo.jp/20090804040954

1 Reply to “MMOはやめたほうがいい”

  1. wordpressより: MMOはやめたほうがいい: 今も昔も人気者のMMORPG。
    社会現象といえるほどのブームは去ったとはいえ、ディープな層でなくとも一度は流行に乗じてやってみた事があ.. http://bit.ly/2mUUZ9

Leave a Reply

Your email address will not be published.