Drafting and design Part4

1

7月11日,12日 平面、立面配置、スタディ操作完成

7月13日 図面作成開始

7月14日 図面3割完成 学校に最後の中間提出

7月15日,16日 CGパース、その他プレゼンテーションデータ類作成

7月17日 大学院の入学願書提出、敷地模型制作開始

7月18日 敷地模型完成、1/500全体模型完成

7月19日 1/200部分模型制作開始

7月20日 1/200部分模型完成、プレゼン最終調整

7月21日 プレゼン出力、最終提出 終了

昨日最後の中間提出を終え、あとは提出までひたすら作業作業。
現況はというと、予定通り行っているといってよい。
15日が終了した時点で、現在 全階平面図、配置図、立面図が終了し、断面図2枚のうち短手方向がたった今終了。
今日中に長手方向を終えれば16日にCGとプレゼンが進められる。
あと予定を少し変更。あまり重要でなく周辺建物にものすごく時間を取られる全体1/500模型が、担当教官に聞くと全体パースで補えるようなので笑顔で中止。パースを倍に増やそう。
なので18日19日を1/200模型に集中し、20日にプレゼン最終チェックをして出力すれば21日はまさかの映画を見る余裕が出来てしまうかもしれない。
とはいえこの先どんなトラブルがあるかわからない。前倒しに前倒しを重ねて時間を作っていく事が重要だ。

2009y07m16d_013229741

こちらがPLAN。
当初1/400で出す予定だったのでざっくり書いていたが途中楽しくなってきて1/100くらいの密度になってしまった。
今回はA1用紙4枚を超えてはいけないという不思議な規定があるので1/200だとパースが入らない。
1/300では1/50クラスのハッチングと家具シンボルだと気持ち悪くなってしまう。
でも今は無視して図面が全部終わってIllustratorに乗せる時にじっくり考えよう。
(mrkutaiはプレゼンを作り始める最初の段階が一番楽しい)

2009y07m16d_013308889

こちらがSECTIONの短手方向。
書いていて思う事は、このバカでかい陸橋の基礎がどうなってるか解らない事と、実際は建築の構造に橋梁の柱を利用してはいけないそうなのでかなりおかしな断面図だ。
しかしエントランスホールの吹き抜けっぷりと、橋梁フレームの中にギリギリでおさまってる入れ子っぷりを見せるにはここを切るしかないと判断。

以下、パースで使用する3Dモデルのキャプチャ画像。

2

これは後でレンダリングする予定の道路側鳥瞰パース。
散々悩んだフレームを飛び出すか否かは、店舗とオフィスのリフレッシュルームが道路側に来たときのみ突出させるようにした。
昨日同じ班の友人と「橋のフレームから飛び出す理由とは何か」について少し話し合ったが、飛び出す理由を考えるとありそうで意外にない。
物理的に言えば店舗で商品を選んでる客やリフレッシュスペースでダベっているスタッフが道路にたいして垂直で無ければ見えなかったものが飛び出す事で、橋に対して平行に歩いている時でも内部のアクティビティが見る事が出来るくらいしか思いつかない。
あとは「何となくおもしろそうだから」「かわいらしい」ぐらいしか無い。
ちなみにこの記事のトップにある画像は線路側のウッドデッキの部分である。
ウッドデッキにいる人の視点から上野台地の方に視線を振るとなかなか臨場感があるパースになるのでスペースがあったらそれも加えたいところだ。

3

こちらは駅側2Fの商業店舗が建ち並ぶウッドデッキ部分。
真ん中のボリュームに3面ガラス貼りのカフェが入り、裏手にちょろっと見えるウッドデッキで橋と上野公園を眺めながら会話を楽しめるようなものを想定した。目の前がJR上野駅全線が段々畑の様に横に走っているので鉄っちゃんと子鉄と鉄子さん達にも使える場である。

4

最後は通称「ストリートデッキ」橋の下にはさまれ、スロープで徐々に上がっていくその途中でここで働く人用のストリートファニチャが至る所に設置されている。このキャプチャは1F屋上の主導線部分なので奥の商業エリアへの通行路としての性格が強いが、高い部分のデッキには橋を渡る人と3Fで働いているスタッフと、従業員用の休憩室を利用する者に限られるので、屋外で気軽に仕事ができるように意図した。

それにしても今回はSketchupが超大活躍している。
過去Sketchupでスタディをして、Sketchupで図面を作ったりしてスケール感が見事を劣化した苦い経験があるので、今回は手描きで作業を進めてきた。
そして図面が終わったあとSketchupでDXFをインポートして立体にすると、2時間くらいで出来てしまった。
断面図を書く時はSketchupで断面スライスandアイソメ表示したものを右モニタに表示しておくだけで作業スピードは格段にあがる。

これが無いと格段に生産性が落ちるだろう。
かなり依存しすぎている。
さて今日は何より断面図。急ピッチで進めていこう。

1 Reply to “Drafting and design Part4”

  1. wordpressより: Drafting and design Part4:
    7月11日,12日 平面、立面配置、スタディ操作完成

    7月13日 図面作成開始

    7月14日 図面3.. http://bit.ly/XaLGG

Leave a Reply

Your email address will not be published.