Goodbye Kyoto

8月4日 過去問全体に目を通す、ポートフォリオ追加分作成・修正

8月5日 過去問から記述系を除いた問題を解いていく

8月6-7日 論述系問題を解く

8月8日 ポートフォリオ追加分を印刷し完了  過去問勉強

8月9日 全過去問解き終わる

8月10日 過去の修論 に目を通す、提出した研究題目の掘り下げ

8月11日 面接で何を話したいか決めて練習

8月12,13,14日 過去問の復習と、応用力を身に付ける

8月15日 当日全体の進行を再度チェック、 小論文解答

8月16日 小論文

8月17日 調整日、深夜バスで関西へGO

8月18日 Good Luck 、俺

長い二日間がやっと終了。
結果から言うと、最悪に等しい。
当日は7時に到着し、休む間もなくトイレで直行しスーツに着替える。
合計30キロ近くある手荷物をロッカーにしまい、いざ受験地へ。


バスの中で今まで作ってきた回答例を全てモバイルにコピーし、地下鉄の中で見ながら到着駅を待つ。
当日は32℃の猛暑の中早くもフラフラして校門に到着し、開始まで30分あったのでまずは学食でコーヒー を飲み休憩。
7時50分くらいについたので、まだ殆ど誰もいない。
9時になったと同時に遂に試験がスタート。

めくった瞬間、予想したジャンルや問いパターンが全分野外れていて、心拍数は一気に上昇する。
高得点を期待していたマーケティング分野が、知らない外国の学者さんの理論を説明する問題で、知らない事を説明するわけにもいかず半泣きで不得意分野を選択。
あとは120分間、2週間で勉強した知識になるべく沿う様に論述問題の回答を歪曲させ、一応目標にしていた各問題1200文字以上は達成。左手は鉛筆で真っ黒だ。
試験終了の合図共に絶望感に浸った。

1時間後の口頭試問で筆記試験の失敗を挽回すべく、大学院に行きたい理由、研究したい事、先行事例、今迄やってきたこと等を再度チェックし、面接がスタート。
そのとき私は極度の緊張をしていた。
面接は色んな所で受けていて、他の受験者はノックの仕方などを確認している様子だったのでここで頑張らねばと奮起するも、面接でも言いたい事は言えず、質問の意図とはあまり関係ない事を言ったりして「できない子」を露呈してしまった。
どうやら受験者の9割は現役か1,2浪の内部生の方達だったらしく、3浪の年にあたる年齢とはいえ私はオヤジっぽい。
その年齢と、大学院進学率1割程度の商業高校出身であること、現在の大学は夜間開講であること、更に3つの会社で合計7年間働いていたというカオスな経歴書が目立ち、殆ど過去についての質問に話は集中した。

しかしながら、こんな所で懺悔をしていてもこれが現在の実力なんだと終わった数分後思い返し、他専攻の人間が数週間ちょっと勉強したくらいじゃダメなんだと、3月から時間があったのに十分に動かなたかった自分をすごく後悔した。

試験が終わったあと色々と質問に答えてもらっていたM1の方に挨拶をして京都駅に戻り、汗で半透明になったスーツからいつもの格好に着替えとりあえずフラフラとマクドナルドへ。
馴染まない京都弁が飛び交う中、一人でコーラをすすりながら反省会をした。
その後は京都にいてもどこに行く気もせず、別のマクドナルドへ行き、今度はコーヒーをすすりながらナレッジマネジメントの本を読む。
あんなに楽しくスラスラと頭に入っていた本が、そのときの精神状態で読むと何も頭に入ってこない。
バスの疲労から眠気が来てそのままうたた寝。

そんなこんなで夜が来て、1日目は駅前のシティホテルで一泊した。
2日目は、日中はせっかくの京都という事で、ベタに清水寺に行き釘の無い永遠のサスティナブルデザイン:懸造を眺めながら革靴と重い荷物を持ち歩き回る。(ディティールの解説はこちらの記事がわかりやすい)
バス到着が0時と遅く、試験による影響で気分が気分だったので20時頃にはやる事が無くなり漫画&インターネット喫茶へ行ってブログを更新しようとしたら、とある外国人に「このお店、開いてますか?」とカタコトの日本語で声を掛けられる。

怪しいビルの3階に漫画&インターネット喫茶があると看板に書いているのに、中に入るとごくごく普通のオフィスの入り口しかないような薄暗く怪しい場所だったので、その外国人と「どこなのかねーハハハ」と話しながら往復したり、駅周辺の違う漫画喫茶を探している内に意気投合し、京都駅の大広場に行ってしばらく話し込む。
どうやら彼はロンドン大学で留学後、地元台湾で仕事をした後に現在は同志社大のビジネススクールでMBAを取得するために部屋探しに日本へやってきた台湾人の大学院生の様だ。秋期入学の為急いで部屋を探さなければいけないらしく、決まり次第台湾へ戻り、次週東京へ観光しに行くようだ。

彼はとっても優秀だ。2,3つ上なのだが各国の主要産業の伸び盛りのものと死に筋を彼の観点で推測し、テンション高く終身雇用制度や「男は働き女は家を守って子供の教育を」という日本独自のライフスタイルを彼の経歴からは珍しく賞賛し、自分もそうありたいと語る。
私の経歴や現在の状況(特に昨日の事)を話すとネイティブな英語で「大丈夫大丈夫!」と励まされ、結局22時近くまで話した。
結局目ぼしい店は見つからず、眠いから今日はもう寝ると言って連絡先を交換してお別れし、23時頃バス停の近所の喫茶店で再度コーヒーをすすりながらブログを書き、0時に出発。

東京京都間は新幹線では約13000円。
夜行バスなら5,6000円で行ける。
今まで寝ずらく、長時間同じ体勢できつそうという先入観から避けていたが、最近のリムジン夜行バスは素晴らしい。
朝寝坊の危険を考えると確実に現地に早朝に届けてくれて、新幹線の半額以下で快適に寝ていけるのだから今後はバスを利用しよう。

行きのバス会社は添乗員がバス乗降口付近でタバコを吸って車内に煙が入るわ、私の荷物をPCが入ってると言っているのに放り投げるわでせっかくのウリのベンツシートがサービスの面で台無しになってしまったが、帰りに利用したVIPライナーは独立型3列シートに、脇の席にはカーテンが整備され、他の乗客の行動が全く見えない仕様になっていた。
リクライニングは140°でスリッパ・歯ブラシ・うちわ付き、おまけに低反発枕。
添乗員の方もとっても親切で、荷物の中身を説明すると毛布でくるんで隅に縦に置いてくれた。
途中2つのSAに停車するが、VIPライナーでは車内アナウンスも照明も点灯させず、出発時刻を乗車口に貼り出すのみで寝ている人の配慮も忘れない。
予定より大分早い6時に品川へ着き、学校の研究室に寄って長い間借りていた鍵を返し帰宅。
色んな意味で「Goodbye Kyoto」な2日間であった。

望みが完全に絶たれた訳では無いが、まずは今年の2大イベント(卒業設計と院)の1つが終了した。
明日は仕事の面接で来月上旬には卒業設計のテーマ発表である。
院に合格してもしなくても今すぐ仕事を見つける事が現在の最優先事項である。
クヨクヨしてはいられない。

2 Replies to “Goodbye Kyoto”

  1. wordpressより: Goodbye Kyoto: 8月4日 過去問全体に目を通す、ポートフォリオ追加分作成・修正

    8月5日 過去問から記述系を除いた問題を解いていく

    8月6-.. http://bit.ly/UEMcQ

Leave a Reply

Your email address will not be published.