神様、もう少しだけ

昨日、元職場の先輩デザイナーから連絡があり、外注者として小さな仕事をもらいに打合せにいっていた。
約4ヶ月ぶりの事務所訪問。それまで私の変な哲学でちゃんとした理由が無い限り、辞めてく人への定型句である「また気軽に遊びに」は絶対しないというルールがあったので一部の人を除いて連絡は一切取ってない。

エントランスでピロティで、行き交う人に「お!!珍しい顔がいるな。笑」と声を掛けられ久しぶりの再開。
その後ミーティング室へ。
仕事は至って簡単なもの。フィーもおいしいので喜んで引き受ける事に。
打合わせ後に全員で屋上の喫煙所へ。
昔はそこで共通の音楽の趣味であるRadioheadについて語りにコーヒー片手にタバコミュニケーションをしにいっていた場所だ。

そこでの話の中で、期間限定で臨時スタッフを探しているという話を聞く。
そこは元職場の関連会社のコンサルティングファームで、社内に点在してる膨大な納入事例を全てをフォーマット上に並べてLAN上で誰でも検索できる様にしたり、それをwikiにして誰でも編集ができる様にしたりを作れる人を探してたり、はたまた什器ライブラリの大幅追加でAutocad慣れしてる人や、その他雑務を快く引き受けてくれる人を探してたり。
それらを1人で、さらに非正規雇用で期限付きとなると、すぐに人材確保をするのは難しいねぇとのこと。

話の中で聞いた条件は6つ。
1 母体のオフィス什器の商材全般に精通している
2 Autocad実務3年以上
3 Powerpoint、Photoshop実務1年以上
4 ウェブサービス、DBの基本知識
5 全部の仕事が終了時点で契約満期
6 インテリア以外の建築の基本知識
7 あるプロジェクトに必要な国内外の情報をオンラインで拾ってまとめられる=ggr慣れしている

ktkr。素晴らしい程にThat’s me.
1は当時歩く什器DBと呼ばれた程、誰も覚えないであろうグリーン購入法の適用の有無や品番、部材仕様などのマニアックな事を殆ど記憶している私が適任だし、5は普通の社会人であればまず望まない。
Yahoo!JAPANをホームページにして、JWordをインストしている(勝手にされている)人が多かった事を察するあたり、4と7も私が適していると考えられる。※ちなみにJWordを何とかしたいひとはこちら

それにあそこのファームには膨大なCM、FM案件の資料と非売品の学会資料や高価で手が出せない専門書が置いてあるのを知っている。業務が慣れてきて、来年から関連分野を研究する貧乏学生だと言えば(きっと)資料閲覧の許可をくれるだろから、私としては給与よりも少数精鋭のコンサルタントさんからの情報と、ザックザックの宝の山(勉強材料)へのアクセス権が何よりもメリットなのである。
これ以上無いwinwinなチャンスを見逃すわけにはいかない。
当初の目的であった別案件の打ち合わせ終了後にすぐさま担当者を交えて猛アピール。
最近は資金難でひもじい生活をしていたので久しぶりに目が輝く。
現在、別のDTPオペのアルバイトの面接結果待ちである事を伝えると、今週中に委細相談よりも先に採用可否の連絡をくれるとの事。

無宗派人間だが神様、もう少しだけお願いします。

1 Reply to “神様、もう少しだけ”

Leave a Reply

Your email address will not be published.