RIMOWAがうちにやってくる

生まれて初めて買うスーツケース。
散々悩んだあげく、購入したのは前記事のどれでもなく、渋いClassic Flight 976.52である。

Classic Flightが美しく映っている写真はこちらの記事をご参考に。
http://plusalfa.exblog.jp/5201361/
一番初めに興味を持ったTopasの70番台から約2週間、あれこれ自分の想定する使い方を照らし合わせると中サイズ一台では中途半端になり、国内専用のキャビントロリーと77番台の大きなもの2台体制をとることにした。

なので現状大きなサイズはすぐには必要無いので、とりあえず今月末の東京-京都間往復ラッシュに備えてキャビントロリーを一台購入。

比較対象にしたのは、
・Topas Titanium
・Topas Gold
・Silver integral
の、52サイズ。初めはClassic flightは入っていなかった。

色でいうと、金と銀と銅にあたるこの3つを色んな人にどれが好みか聞いてみるとおもしろい結果となる。写真はこちらのつぶやきからどうぞ。

他にも友人・知人に聞いてみると結果は、
女性票の殆どはTopas Gold。
若い男性票の殆どはTitanium。
海外経験豊富な人達はSilver integral。
それぞれ綺麗に傾向が分かれた。

私は途中からシルバーにすると決め、
Silver integral、Topas、Classic flightのどれにするかとなる。
Silver integralは丈夫く品が良い。
Topasは安い、バランスが良い。
Classic flightは外も中もかわいらしい。

私のケースでは機内持込サイズなので強度はさほど気にしなくて良い。
見た目はClassic flightが一番好きだが、結構重要なディバイダが無しが響く。

で、結局購入したのはClassic flight。
持込サイズだと革巻きの持ち手やコーナー部のポリッシュ仕上げが際立ち、カッコカワイイ。
こちらは今月末から使い倒す予定。

今後は70リットル以上のものを狙っている。
現在視野に入れているのはこれと同じClassic flightか、LIMBOかSilver integral。
でかいサイズは堅牢さが最優先。
なのでSilver integralが欲しい所。
ただ外観がお上品なので、ヘコんだ姿が似合わない。
Classic flightはデカイのも見た目は相変わらず一番好きで、他より3万近く安いリーズナブルな価格、更に今回購入したキャビントロリーの載せて親子使いが出来て素晴らしいが、ディバイダ無しと薄いジェラルミンが若干心配である。

となると、ヘコんでもそれがサマになり、高すぎず、そしてディバイダ付きなTopasが最有力候補となる。
次を購入したらばまたレポートしたい。

1 Reply to “RIMOWAがうちにやってくる”

Leave a Reply

Your email address will not be published.