趣味づくり2

前回買ったシクロクロスバイク。購入以降、日常の足として、また趣味として大活躍中である。ある程度慣れてくると、当然サイクリングに適したモノも欲しくなるもので、本ブログ恒例となっている物欲シリーズがまたも再来。

新たに増えたアイテムは以下の通り。

  • ヘルメット
  • レーサーパンツ
  • サングラス
  • グローブ
  • 風防ベスト
  • バックパック

まずは一番高価なヘルメット。あれこれネットで散策したり、近所のショップで被り倒した結果、OGKのREDIMOSに決定。定価約24000円を17000円で購入。

お値段はBELLとかルイガノと比較するとかなりするが、実際に被ると安定感が全然違う。この季節なのでどんな素材を使おうが暑いに変わりがないが、直線をそこそこのスピードで飛ばして正面を向いていると、風がスースー入ってくるのがよくわかる。
正直、ヘルメットの購入はかなり躊躇した。それはお金よりも見た目。ロードバイク用のヘルメットは全てアグレッシブで派手。自分の自転車は無模様のパールホワイトでシンプルなので、浮くのは目に見えている。という訳で、色は目立たないツヤ無しのマットブラックにした。唯一こちらから要望があるとすれば、ダサいロゴのステッカーを最初から貼らないでほしい事のみ。(さらにツヤ消し塗装バージョンのみ、「剥がすと塗料も剥がれるから剥がさないでね!」という戦法)

続いてレーサーパンツ。画像は無いが、普通よりもひざが隠れる長いタイプにした。こちらは2500円。自分は普通の下着&ズボンで中距離を走るとすぐ出血するヤワな肌なので、パッドは重要である。
本当はノーパンで履かないと意味が無いらしい。意味が無くてもいいので当分は下着を履いて履く。

お次はサングラス。こちらもヘルメットの話と同様、派手になりたくないので、SWANSのゴルフ用のおとなしいデザインで、スモークレンズのものにした。型落ちで16900円が3980円。サイクリング用のアイテムはたくさん種類があるが、自分にとってはもっと重要なモノがサングラスであり、偏光レンズがないと走れない。

グローブは調べてもよくわからないので、定番?のパールイズミ製の羊革のものにした。指が出ていて親指付近がタオル地になってる、定番のアレである。ただ、本革にする必要は全く無かった。こちらは5980円を980円。

最後の風防ベストは、これもヘルメットの話と同様、恥ずかしさ対策の一環。サイクルジャージ(こういうの)はやはり抵抗がある。それに高校時代から使ってるTシャツがたくさんあるので、これらを有効活用すべくSportful社のナイロンベストを一着購入。5600円を3000円。
ロードバイク用なので後ろが長く、横にメッシュ素材でデカイロゴが反射素材。自分の走り方は長時間をシャコシャコ軽いギヤで長距離走るのでは無く、早朝の短時間に一番重いギヤで時速40キロ前後で京都を一周(約45キロ)する乗り方なので、お腹に風が当たり続け、かなり冷える。なのでTシャツの上にこれを着て対応。風防なので汗はものすごい量が出るが、ヘルメットとグローブとレーサーパンツという特異な格好と馴染ませるにはこれを着ればなんとかなりそう。

あとはmrkutaiお気に入りの国、ドイツのTough社のバックパックもサイクル用に購入し、これで本格的な準備が出来たことになる。これは16000円を中古品で3200円。レーサーパンツ以外は全て中古。中古バンザイ。
これまで、ヘルメット無しでサングラスのみでTシャツに首にタオルを巻いて、見た目も安全上もアブナイ存在だったが、ヘルメットと手袋を付けていると、自動車のドライバーは「こいつは速そう」と認識するらしく、走行上安全とのこと。実際にこの2点を装着してから、交差点での対向車の危険な右折が止まってくれる様になったり、路肩のハザード無しのタクシーが突然発進することもなくなった。

以上、最低限必要なアイテムは揃ったので、今まで以上にスピードと距離を上げていこう。

1 Reply to “趣味づくり2”

Leave a Reply

Your email address will not be published.