グループウェアとしてのStatus.net

以前から継続中のサイト制作。構成が今日最終決定した。
研究室のリニューアルサイトは前回同様のWordpress。テーマをゼロから作るスキルは無いので良さそうなものにページテンプレやウィジェットを書き換え、34種類のプラグインをせっせと持ち込んで、動くメニューとか立体回転するタグとか拵えて、あとはアーカイブのデータ入力のみ。サイトの方はもう問題ないだろう。おつかれmrkutai。

公開後改めて書きたいが、リニューアルのコンセプトは「プロジェクトベースの研究室」を協調する点である。
企業や官公庁などと常時5,6種類のプロジェクトが同時並行で進んでいて、その時事感やスピード感をサイト全体で表現したいと思った。そのやり方として、まずは壁紙をリロード毎に切り替わる様にした。

それにはこちらを参考した。

Random Image Rotationを使って簡単に背景画像をランダム表示させる
http://kachibito.net/web-design/random-image-rotation.html

で、Wordpressは記事とページに分けられるが、プロジェクト情報を記事にし、新着情報系はTwitterのRSS表示で対応した。 Continue reading “グループウェアとしてのStatus.net”

Good luck

今月、高校時代からの私の友人が日本を旅立ち、東南アジアを拠点としてビジネスを始める。これまで幾度と無く彼が持ち込むニュースに驚き続けていたが、今回はちょっといつもとは違和感を感じているので、回想録っぽくしてみて整理を試みたい。但し、ここに書かれている事は全て自分の視点からみた内容であることをことわっておく。 Continue reading “Good luck”

試行錯誤

5月の半ばくらいから始まっていた研究室のPC周りの改善プロジェクト(?)が、あと1ヶ月でフィニッシュせなばならない。
現状は、ウェブサイトは静的HTMLで、プロジェクト進行管理はGoogleカレンダーとEメール、共有ストレージはフリーソフトのサーバーウェアでWebdav接続を行って、HTTPを伝ってファイルの読み書きを暫定的にしている状態。
これらは、「これしかない」状況であれば大きな問題は特に無い。そもそも今だにISDN回線とかPen4のデスクトップとかで問題なく業務をこなしている企業もあるわけで、こういったものはやる気がなければ動かないものなのである。

昨年までいた東京理科大では、西洋建築史の研究室であった。当時はTwitterを使っているのが2,3人で、ウェブサイトは3年前くらいから更新が滞り、そのサイトはフレーム化して検索botとの相性がよろしくない所謂典型的な大学の研究室サイト。
さらに掲示板は別途無料レンタル掲示板を使用しており、セキュリティ的によろしくない。昨年の卒業制作提出前あたりに完成し、卒業して5ヶ月経った現在も定期的に更新されていて、ちょっと満足。

そのおはなしはこちらにチラホラ書いておいた。
サイトリニューアルにあたり考えたこと – YAMANA LAB. Continue reading “試行錯誤”