グループウェアとしてのStatus.net

以前から継続中のサイト制作。構成が今日最終決定した。
研究室のリニューアルサイトは前回同様のWordpress。テーマをゼロから作るスキルは無いので良さそうなものにページテンプレやウィジェットを書き換え、34種類のプラグインをせっせと持ち込んで、動くメニューとか立体回転するタグとか拵えて、あとはアーカイブのデータ入力のみ。サイトの方はもう問題ないだろう。おつかれmrkutai。

公開後改めて書きたいが、リニューアルのコンセプトは「プロジェクトベースの研究室」を協調する点である。
企業や官公庁などと常時5,6種類のプロジェクトが同時並行で進んでいて、その時事感やスピード感をサイト全体で表現したいと思った。そのやり方として、まずは壁紙をリロード毎に切り替わる様にした。

それにはこちらを参考した。

Random Image Rotationを使って簡単に背景画像をランダム表示させる
http://kachibito.net/web-design/random-image-rotation.html

で、Wordpressは記事とページに分けられるが、プロジェクト情報を記事にし、新着情報系はTwitterのRSS表示で対応した。

そして本題のPJT進捗管理。サイボウズライクなグループウェアを作ろうと思うも、オープンソースソフトウェアのみで構成するのは容易では無く、さらにユーザー側の負担が増え、全員が全員使いこなせないと、誰かが使わなくなるおそれがある。それはメールのやり取りよりも面倒になりかねないので、実はかなり困っていた。
何か今の研究室にピッタリな方法は無いものかと思案していたら、先日助教が「TwitterのTLをプロジェクタで研究室に流せばいい」と仰っていたのを思い出し、サーバーインストール型のマイクロブログをウェブサーバーに挙げてTwitterのようなシステムを作ろうと思ってGoogle検索の旅。
とても素晴らしいものを見つけたのでこれにほぼ内定。


Status.net

導入は非常に簡単。PHPとSQLで動くCMSを使ったことがある人なら勘でマニュアルもいらないだろう。
FTPでファイルをごっそりアップロードして、パーミッションは書き換えてinstall.phpにアクセスし、DB情報を入れれば即完了。

基本操作はTwitterとほぼ同じで、こちらはグループ機能というものがある。
誰かがグループを作り(例えばprojectというグループ)、!project と入れてつぶやけば、そのグループにいる人のTLに表示される。
DM、Favorite、Mention、Reply等Twitterについてる機能はほぼ全て網羅され、レスポンスも現状は全く気にならない。さらに現在まだ試していないが、Tweetdeck等のTwitter用クライアントでStatus.netのapiを呼び出すなりすればそこから発言が出来てしまう。

これをグループウェアとして考えるとき、ミーティングの議事録や各々の進捗状況をバラバラな場所にいても「!プロジェクト名」 でグループメンバー全員で共有でき、次回ミーティングの際にそれにひっかかる呟きのログを引っ張ればきっと話が進むに違いない。
これで、つぶやきデータの保存場所もセキュアな環境も、外部サービスを経由せずして内製できる。
情報伝達系がほぼこれで行われ、メールは外部と接触する時のみにまで減らす事ができれば目標達成といえるだろう。
それにしてもStatus.net、デベロパのwikiを見ると、殆ど理解できていないが、まあ、私が想像する程度の要望であれば殆ど対応出来そうである。
自身の勉強にもなるのでこれは個人的にも進めていきたい。

1 Reply to “グループウェアとしてのStatus.net”

Leave a Reply

Your email address will not be published.