あと一つが二つ

この時期ホットな就職活動関係でちょっと書く。

試合開始してから数日が経ち、あれこれ言ってた第一志望の二社は無事に両方とも最終面接までたどり着いた。(頑張ってるよ自分!)
ゴール一歩手前で振り返ると、間違いなく学部から受けてたらここまで残ってないなと思うポイントが幾つもあった。この辺については無事にジョブハントを終えた後ゆっくり書きたい。

ということで、今回は就活について 自分のポリシー、価値観的なことをまとめたい。

まず、最終面接の段階まで来ると、その志望先のHPは見尽くしているし、こちらの基本的な選考項目は一応合格の域に達していると思うので、これ以上自分のオプションについて考察を進める必要は無くなってくる。
最終面接でもっとも気にすべきポイントはおそらく「この学生に生涯賃金を与える価値があるか否か」
ここ一点に絞れば良いかなと思ってる。

で、最近見ているのは、日本のオモロ会社の筆頭:カヤックさんがやってる、経営理念まとめコーナー
カヤックさんは以前自分の稚拙な記事を逆トラバした強者だ。こんなノリの会社ばかりになればオフィスはもっと面白くなるのにね。

経営理念をだーっと見てみると、当たり障りの無いものから具体的なものまであって面白い。で、これをどう使うかというと、志望先と競合の経営理念を比較し、共通してる事と異なってるものをみたり、会社名を見ずに理念だけみて気に入ったものを掻い摘んでみて、自分にどういう傾向があるのかみてみたり、まあそういう事にこのデータベースを使わせてもらっている。

それで、志望先独自の記述なり表現なりが見つかれば、それの延長線上に自分がいるようなイメージを膨らませ、自分をPRすべき部分を固める。あとは余計な準備をせずに普段どおりの事をする。以上。

あれこれ言ってもあと数日後には、2つの最終面接が待っている。

20歳からの選択に一つの決着を付けたいから、悔いの無いように相手に伝えてくる。

1 Reply to “あと一つが二つ”

Leave a Reply

Your email address will not be published.