NEW iPad Wi-fi BLACK

遅ればせながらご報告。

先週新型iPadを購入しました。32GBの黒。

と、ウソ言ってた様に、発表当初はパッドよりも11inのAirが欲しかった。Ivy付きでそろそろ出そうなので、流行りに乗らずに堅実にMacOSだろここは。と。

いずれにせよ現在のマシンはササッと持って行けるシロモノでは無いし、何より自宅のデスクトップが急逝した後の2台目母艦機として選んだので、春に向けて気軽に持ち運べるちっこいのを探していた。

豊橋技科大の友人としばしガジェット類のやり取りをしてる中、使ってるシーンを想定すると、もう研究室に毎日ラップトップを持参しなくなるし、ブラウジングがメインになるかなーと思い始めた。そこでいつものようにハードを徹底的に調べ、今の自分にはAirよりもiPadの方が扱いやすいと判断し、予約購入。

その最大の決定理由はwimaxに変えた事。これからは都心部であれば3G付きと同様に機動力が増す。

 

私は

初代iPad→Wi-fi無いと使えないので遠方に持って行けず自宅常駐→iPhoneが優秀なので使わなくなる→すぐ売る→iPad2は興味持たず

という経緯を経ているので、初代iPadとの比較となる。

 

電源を入れて思ったのは、やはりまずは「Retinaやべー!」だろう。

iPadで綺麗〜に再生されてたフルHD動画も、新iPadでは曇りが取れたようにクリアに明るく再生される。そんな高精細な画面が指や重力に合わせてヌルヌル動くもんだからびっくり。

次に驚いたのはアプリのレスポンス。

初代iPadは「ビジネスにiPadを!」と色んな活用術が至る所で紹介されていたが、本音としては「使い物にならない」であった。

キーボードは遅れるし、カメラは無いし、とにかく議事録やオフィスアプリは全く利用していなかった。

紙とペンでささっと書けばいいのに、スタイラスで書くのは、何というか「そこまでして使いたいのか」とか思っていた。

 

新iPadはどうだろう。スタイラスは使う予定は無いが、今回は処理がめちゃ早いのでキーボードが完璧に追い付いている。

表計算やKeynoteはMacOSには敵わないが、少なくともメモ取り用マシンとしては十分に実用的である。

 

いいなーと思ったのは基本的だが上の二つ。唯一気になったのはバッテリーの充電時間が伸びた事。

ずーっといじってても減りが遅い代わりに充電時間がとっても長くなった。MacからのUSB給電ではちょい厳しいだろう。

 

1 Reply to “NEW iPad Wi-fi BLACK”

Leave a Reply

Your email address will not be published.