Nikon D7100用 マルチパワーバッテリーパック MB-D15

さあ、カメラアクセを充実させよう。という事で第一弾。バッテリーパックMB-D15

理由は80%は見た目で20%はバッテリーを長時間持たせるため。これがまた25000円オーバーと恐ろしく高く、はじめはこういった互換品を見ていた。互換品を触る機会があり、触れてみてすぐに純正品を購入する事にした。

互換品は安い。安いといっても8,000円程度なのであくまで「バッテリーパックの中では安い」である。それに質感もそこまで悪くなく、機能を優先(デカレンズでもバランス良く、バッテリー長時間、縦向き撮影をしやすく)させるなら何も問題は無い。
だが私は見た目最優先。

写真が好きというよりカメラが好きな私は「安物でいいや」というわけにはいかず、純正と比べれば迷う余地はない。3倍以上する金額な分、プラスチックでは無くトップはマグネシウム合金。ゴムの質感も何となくいい感じ。

バッテリーパック上部とボディを接続端子で接続すると、ボディのランプが光り、液晶画面左側に「BP」のアイコンが表示されればOK。D7100底部の端子用のゴムは、バッテリーパック上部にしまう場所があるのでうっかり落としてしまう事はない。

 

メリットは、ボディバランスが格段に良くなる事だ。

単焦点、標準ズームであればボディの方が重くなり、持ちやすくなる。そして手がデカい私にとっては底部が延長する事で安定感がまるで違う。

デメリットは、重く、そしてコンパクトに収納する事が難しくなる。

デカい望遠では無い普通のレンズでも、バッテリーパックを付けた状態で通常のネックストラップはきつい。こちらは次稿解決する。収納については、世に出てるコンパクトな収納ケースは、大抵高さが12〜13cm作られている事が多く、仕切りが自由につかえるといってもそもそもバッテリーパックを装着したままでは綺麗に収まる事は難しい。

だがしかし、見た目がD4っぽく?なんとも言えない迫力は癖になり、現在は常時装着して使用している。オススメです。

 

1 Reply to “Nikon D7100用 マルチパワーバッテリーパック MB-D15”

Leave a Reply

Your email address will not be published.