11. UVマッピングについて

11. UVマッピングについて

新しいマテリアルを適用すると、いくつかのテクスチャにノイズかかったように見えてしまう時があります。

22-21

その現象はテクスチャ自身が原因ではありません。UVの設定をしていないからです。それにKerkytheaで読み込む前のモデリングソフトで、モデルの表面に画像テクスチャでは無く、色のみを適用しているときにもよく起こる現象です。UVマッピングは、面画像をUV座標で表した時に、モデルのXYZ座標で表される頂点とを対応させ、3Dモデルが回転しても変形しても、貼り付けられた画像がそれに追従させる技術です。(詳しくはこちら「アフィン変換」をご覧ください。)冒頭の様な問題に出くわしたときに、KerkytheaではBitmap Optionsを設定することで回避できます。

22-31

1. レイヤーを使ってマテリアルを使用している場合、Layered Materialをクリックし、bitmapがある層まで左の+ボタンをクリックしてください。

2. Reflectanceより、Diffuseチャンネルをクリックし、Texture editor内のイメージファイルをクリックします。

3. その後、Texture editorの右にあるBitmap Optionsより、ProjectionCubicにします。

4. Apply Changeをクリックしてウィンドウを閉じれば完了です。


メニューに戻る