デザイナーとアーチスト

先日の晩、あるウェブ上のコミュニティで知人と建築の話をしていた。
そろそろ話題も尽きようかと思った矢先、とある人(以下Aさん)が参加し、その後「デザインとアートの違い」についての考え方の違いから1対1でバトルすることになる。
そういえば以前にも似たような事があったものだ。

デザインとアートは一緒か否か。
これをお題に話しを進めるにはあまりにネタが大きすぎて互いの主張が交ざり合いにくいトピックではあるが、私が今まで聞いてきた中では違うと答える人が圧倒的に多い様に感じる。

以下 同じテーマで面白かったブログと記事
art and zen アートとデザインの違いとは?
原研哉 情報建築としてのデザイン の 「デザインとアート」
彦坂尚嘉の〈第41次元〉アート アートとデザインの区別
Graphic Media The Difference between Art and Design
Art and Design: What’s the Big Difference?

Aさんももちろん否定派。彼がどんな経歴なのかは全く分からない。
違うと答える人の大半は、デザイナーは誰かのためにする「仕事」であり、アーティストは自己表現のためにする「創作活動」という見方が多い。
対する私は過去は別物だと思ってきたのだが、最近の業種もライフスタイルも多様化しすぎた現代社会を見るに、その線引きはほぼ無いに等しいと思っている立場。

普段ならそれは人それぞれ~で終わりそうな事なのだが、Aさんは絶対的に違うと語る熱い人で、また私の主張に全く反対の意見を返す人だったので、その結果衝突は妨げられなかった。
細かく整理しようとすると、なかなかスッキリしない内容で、それにカフェ等で美大出身の友人と話しているときに頻繁に話題になるトピックなので、そのやりとりを一部紹介したい。

Continue reading “デザイナーとアーチスト”