法廷プレゼンテーション

小論文の練習を兼ねて、以下の記事について思った事を書いてみる。

スタート裁判員:4人が質問--さいたま地裁
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090811ddm041040016000c.html

昨日、全国で2度目となる裁判員制度が適用された事件の裁判が行われた。
上記の記事を読むと、法廷も変わったんだなと思う所がある。

閉廷後、間川弁護士は「1週間、朝晩1時間ずつ練習した。直接語りかける方が弁護側のストーリーが伝わる」と説明。傍聴した大学3年の女性(20)は「まるでドラマに出てくる弁護士のようだった」と話した。

弁護士は自席ではなく廷内中央の証言台へ歩み寄って、裁判員に向き合って被告人への情状酌量を訴え話術で弁護し、検察官は逆に言葉では無く被害者の傷が解るCT画像と、凶器に使われた「モノ」を持ち込み、被告人の犯した罪の重さを主張する。

どちらも通常私が想像している法廷の風景とは一味も二味も違い、それらは裁判員制度が始まった事によって弁護側検察側が裁判員に合わせている様に感じるのだ。

Continue reading “法廷プレゼンテーション”