「オフィスの夢」を読む

今月頭に新世代オフィス研究センターから、オフィスの夢―集合知:100人が語る新世代のオフィスが発売された。
他の日記で何度も書いていた通り、私は現在金欠状態が続いている事と、他のKM・WPモノの本が溜まっていたので購入が遅れたが、実家に帰省中大型書店で目にかかり、購入。

目次はこちらを。

約300ページのボリュームで、オフィスのプロは勿論のこと、経営者、研究者、建築家、学生、FMrなどなどあらゆる職を持つ人達約100人が、NEOが用意した課題に答え、それをテキストマイニング手法を利用して集合知として「新世代オフィスとはなんぞや」の回答を出すという大がかりなプロジェクトブックである。

Continue reading “「オフィスの夢」を読む”

公開シンポジウムに行ってきた

imag0010

今日の午後、京都工芸繊維大学 新世代オフィス研究センター(通称NEO)主催のシンポジウム「新世代のオフィスを集合知で読み解く」へ行ってきた。場所は神保町駅目の前の学士会館大会議室。
概要はこちらに載っている。

※記憶を辿った個人的な感想なのでご了承下さいませ

Continue reading “公開シンポジウムに行ってきた”

決断する技術

人生において最も難しい事は決断する事である。

知りたい事があるなら体系的に学問として成立しているかどうかをまず調べ、知りたい所だけ学んで難しすぎて解らなければどんどん基礎へと掘り下げていけば、中高校生レベルの解説にいつかは辿り着き、そこからまた登って学べばよい。
読解力や”カン”によって学習速度の差はあれど、調べる能力がある程度あるならば大抵の事がすぐ学べる土台は既に出来上がっている。

しかし、前例が無い場合において、物事に決定を下す作業はそう簡単にいかない。
例えば、「日本はもうだめだ」というハナシと、ではその後自分はどうするか?という2点。
人によってバラつきがあるだろうが、ブログ界でオピニオンリーダーと認知されている方がこぞって「日本はダメ」「海外へ行け」「英語力必須」と叫べば大多数の人はそれを信じて次なるアクションを考える。

Continue reading “決断する技術”