おすすめサイト集

今回は私がよく見に行くブログorサイトを紹介したいと思います。

Mohammadreza Mirzaei Photography
http://www.mrmirzaei.com
ウェブ上にあるデザイン系のフォーラムから知り合ったMohammadrezaさんのポートフォリオサイト。
現在はイランの中心都市テヘラン在住のイタリアの方で、私より年下ながらヨーロッパとオーストラリアの展示会に出展するなど積極的な活動はいつも良い刺激になっています。
来年来日する際は私が東京を案内する事になっているので、ヘタな英語が通じるかどうか心配です。。

検索と大学と私
http://searchandcollege.blogspot.com/
ウェブ関連の会社でスタートアップのプランニングや海外のベンチャー企業とのアライアンスなどを担当している高校時代からの友人のブログ。
同い年で同郷であり、さらに私と同じく夜間大学で学んでいるという事もあり、ジャンルは違えど話がシンクロするので良い刺激になります。

sketchup+etc
http://sketchupetc.blogspot.com/
TosiharuKさんが運営されているブログ。
海外の3DCG関係の最新ニュースはとても有力な情報です。

Sketchup Plugins
http://sketchuptips.blogspot.com/
オハイオ州在住のJim FoltzさんによるGSU用プラグインをメインに扱ったブログ。
情報更新とプラグイン作成のスピードがとても早く、ほぼ毎日チェックしています。

Ruby Library Depot
http://www.crai.archi.fr/RubyLibraryDepot/Ruby/
GSUユーザー定番サイト。優れたGSU用のプラグインが数多く紹介されています。

Offshore Cad and Management Inc
http://www.offshorecad.com.ph/SpeedDraft/
Autocadの作図補助ツールを無料で公開されてるOffshore Cad and Management社のサイト。
素人目ではスクリプトが複雑そうなオブジェクト整列や一括包絡処理なども含んだ充実のコマンド集で、それらがコンパクトにアイコンバーにまとめられているのでとても使いやすいです。
まだベータ版との事で、今後のアップデートに注目です。

Pushpullbar2– Hypothetical Projects
http://www.pushpullbar.com/forums/forumdisplay.php?f=6
世界最大級の建築系ウェブフォーラム内にある、仮想プロジェクトコーナー。
殆どは建築学科生が自分の作品をプレゼンし、世界中の建築家や大学生がクリティークを行い、毎日活発な議論が展開してます。多くのコメントが寄せられた優秀な作品はこのフォーラムのモデレーターさんによってサイトのトップニュース欄に「Shot of the Day」として紹介されます。

まだ他にもたくさんあるので近々続編を紹介しようと思います。

Sketchup関連書籍 発売

41web18ad4l_ss500_.jpg

九天社より、今月15日に「Google SketchUP for professional」が発売されています。

目次

0.イントロダクション

1.基礎編
1.1 Google SketchUp 6でできること
1.2 Google SketchUpのインストールと起動
1.3 Google SketchUpの基本設定
1.4 作図の基礎(1)
1.5 作図の基礎(2)
1.6 サンプル1 テーブルの作成
1.7 サンプル2 建築物のモデリング(1)
1.8 サンプル2 建築物のモデリング(2)
1.9 サンプル2 建築物のモデリング(3)
1.10 サンプル3 モデルを効果的に表示する
1.11 スタイルの設定
1.12 写真照合
1.13 モデルの公開

2.応用編
2.1 Google SketchUp Proの位置づけ
2.2 Google SketchUp Pro+Layout
2.3 Google SketchUp Pro+Style Builder
2.4 Google SketchUp Pro+SU Podium

3.作例紹介
3.1 実践モデリング
3.2 作例1 法隆寺夢殿
3.3 作例2 餃子屋「天風」
3.4 作例3 M-PROJECT
3.5 作例4 朝日住宅

Appendix
Google SketchUp Pro Piranesiの連携/Rubyプラグイン/Magics+Dimensionによる3D出力

ざっと立読みした感想になりますが、過去にSketchupについてのリファレンスブックはいくつかありますが、これは最初から最後まで建築に特化しています。モデリングの仕方も、図面をスキャンして、そこからアナログにトレースする方法や、GSUの操作性を維持したまま簡単にプレゼンテーションファイルが作成できるGSU Layoutの紹介など、全くの初心者でも一通り学べる仕様です。個人的な意見として、本書は4200円と高価なので、GSUのフォーラムやヘルプを見ても同じ情報は得られるでしょう。

尚、後半の作例でウェブを通じた知人のayihcustさんが作成した法隆寺夢殿が紹介されています。

3Dプロッターで模型にしているのがあり、可愛かったです。笑

Only the Paranoid survive

大学の2年目が終了し、春季休暇に入った。
去年の今頃と比較し、成長が見られる部分と、反省すべき点をピックアップしてみることにした。

このブログに公開している課題作品はすべて2年生になってからのものである。
昨年5月からの小さな光の空間から、先月発表した公共図書館まで段々とスケールアップし、課題とテストが重なる時は仕事を休んでしまった事もあった。

1年生の時と今とで、大きく変わった部分はコンピュータが絡む範囲が大きくなった事である。
2年の夏頃から触りだしたSketchupとKerkytheaという二つのフリーソフトに出会った事により、大幅な制作時間を短縮出来、その代わりにプレゼンのレイアウトなどに時間を充てる事ができた。

だが、やはりスタディ不足は否めない。私は毎度の様に、形が出来始めた時はあまり重要で無い部分を必要以上に拘り、締め切りが近くなると大事な部分をファジーにしたまま仕上げるパターンに陥る。
今年はより計画的にスケジュールを詰めて、「考える」時間をたくさん取れるようにしたい。

反省すべき所は、知識方面での建築をおざなりにしてしまった点だ。
書く事が非常に恥ずかしいが、建築学科生として当然知っている事が知らなかったという場面に何度か遭遇し、3年生が始まる前に一通り復習する事にした。

先週から始まった約2ヶ月間の長い春休み。
私は目標を三つ決めたのでここに書いておく。

外国語を学ぶ
今に始まった事では無いが、後に書くプログラミング言語も私が使うフリーソフト類も、CADのコマンドも全て英語である。英語も日本にいながら英語で道を聞いてくる外国人も決して好きでは無いが、黙っていては飯が食えない国になってしまっている様なので、生き残る為にはやるしかない。

構造力学・環境工学・材料学・線形代数学を一通り見直す
今のところ構造系の研究室へ行こうと思っているので、テスト前に流しそうめんの様に覚えて忘れかけている所を再度チェックしておく必要がある。
環境工学は後期の先生がユニークで楽しかったおかげもあり、やや高度な生活の知恵として、
材料学は、マテリアル好きの私へ特性値などの数値的な知識を、
線形代数学は、構造力学の為にも3次元を把握する為にも私の行動する基盤として、それぞれ復習する。

コンピュータを学ぶ
2年生の中盤から2DCAD,ベクトル系ドローイングソフト,フォトレタッチソフト,3DCGソフト等、いろいろなソフトウェアに触れて、大学で学ぶスタイルをパソコン中心に移行してきたのがここ半年間の大きな変化である。
仕事でも上記のソフトやオフィス系や解析ソフト等も使うが、これらは全て私はどこか優秀な人たちが作ったプログラムの中で動かしている1ユーザーであること他ならない。
という訳で自分の為にも今後の設計課題へのヒントもあるかもしれないと、プログラミングを学ぶ事にした。
何がどうなっているのかは解らないが、一通り海外のサイトなどで言語の歴史を調べてみて、まず始めに関数型言語が面白そうなのでLISPからやってみる。(これこれを読んで急に気になった。)
あと興味があるのが、XML,C,Perlであり、いずれはRubyでGSU用のPluginを作ってPushpullbar2などで紹介できる所まで出来れば、今まででは考えられない程の自己満足を得られるに違いない。

以上3つの自分への課題をこなしながら、密度の高い3年目を迎えられるよう備える事にする。

GSUかSketchup proか

結構前になりますが、Sketchupの最新バージョンのSketchup6の日本語版が公開されて、私の大学の周りでも使い始めた人も増えてきています。
私は仕事ではGSUは使う機会はありませんが、フリーソフトのGoogel Sketchup か有償版のSketchup proの違いがそれほど大きくなく、未だ購入しようか悩ましいところです。

というのも私の場合、アカデミックライセンスでの購入が可能なので、1年間9000円(問い合わせた所、コマーシャルライセンスとの違いは使える機能は同じで商用利用か否かのみ)ならば安いとは思いますが、Rubyスクリプトは当然の事ながら、遂には2Dイメージ出力の設定も有償版のアドバンテージだったものがフリー版でも使用できてしまい、結局の所エクスポートが要になってくるかと思います。

フリー版でも3Dデータで書き出す事は可能です。GSU★PARAさんが紹介されているeDrawingsや、LTplus Google SketchUPプラグインのobj_export.rbからobjファイルを書き出して、コンバータでDXFにしてやれば一応は3dのベクトルデータになります。
CAD&CGマガジンでもこれらの方法は紹介されているので、フリー版でも3Dデータで出す事自体は可能であるのは事実です。
しかし、私が素人だからかも分かりませんが、フリーソフトで出した3Dデータは使い物ならないんです。
スケールも壊れてますし、面は全て三角形として書き出されます。

やはりストレス無くエクスポートするためには有償版しか無いのでしょうか、昔は私は@Last Softwareから出していたSketchup pro5Jの8時間体験版をダウンロードして、GSUで出力一歩手前まで作成して、体験版で3分以内エクスポートして貴重な8時間を使っていたりしていましたが、Sketchup6にバージョンアップした際まだ200分以上余っていたSketchup5 proJの体験版が消えてしまい、仕方あるまいとインストールした6の体験版は何故か最初から使用期限が切れているとメッセージが出ていて、もう作業時間をお金に換算すれば十数万円近くお世話になっているソフトなので、有償版を買ってもいいかなと思っています。

しかしながら、フリー版で3D出力ができる.kmzファイルが使えるGoogle Earthは、ソースコードが全て公開されているので、いずれどこかの優秀な方がdxfに変換するツールを作るのは時間の問題じゃないかと思います。
既にGoogle Earthの景観に使われている灰色のモデルもOGLEで変換する事もできます。

とはいいつつ課題の締め切りまであと一ヶ月なので、ここは9000円払って好きなだけエクスポートできる状態の方が安心かもしれません。(2Dのepsへの書き出しもプレゼのレイアウトに最適ですし)

2. SU2KTのバージョンをチェック

最適の結果を得るために、最新のSU2KT Ruby(Ver.2.2)を適切な場所にインストールしてください。
(2007年12月現在、最新版はVer3.0です)
場所例:(Program Files\Google\Google SketchUp 6\Plugins)

手順
1. SketchUp 6を開いてください。
2. Pluginsタブから Kerkythea Exporterをクリックし、About SU2KTを開きます。

3. バージョンがver. 2.11以降かどうか確認してください。

SU2KY Rubyが2.1.1以前か、モデルがエクスポート出来なかった事がある人は、おそらく最新のRubyをインストールしていないからでしょう。
ハードディスク内の“su2kt.rb”ファイルを検索して、ファイルを全て削除して、最新のSU2KT Rubyを http://www.kerkythea.net からダウンロードし、インストールしましょう。

 

「GETTING STARTED Kerkythea 2007」 日本語訳